2010年06月26日

どうしてリースで迷うのか

会社を経営していたり、個人事業主としてお仕事をされている方にとって

コピー機、パソコン、事務所(賃貸)

最近では減りましたが、コーヒーやお茶の機械、観葉植物、熱帯魚などなど

これらはリースで借りている人が多いと思いますし

会社員の方でもリースだと認識している方も多いと思います。



しかし車になると購入とリースで迷ってしまう。。。

これは日本人がやはり車に対する愛着があるからでしょうね。

特に男の人!

(奥さんや女性は得ならリースでいいじゃん!ってご意見が多いようです)


男性は車を「自分の持ち物として大切にしたい」という気持ちがあると

どうしてもリース期間が終わって返却〜といって持って行かれてしまうのが

自分物を取り上げられるようでイヤだ!と感じるからなのでしょうね。




部屋は汚いし、服にも気を使わない人でも

車はだけは丁寧に洗車して大切に大切に使っている男の人が多いのも

車に対する愛着が深いからだと思います。


それもとても大切ですよね。



ただ、個人事業主や会社経営者として

利益が出ている場合はリースとして掛かる諸経費一切を一活にして

「損金処理」した方が会社の運営上、経理上、健康的だと思います。


何年も赤字の場合はもちろんおススメできませんし

審査も厳しいかと思います。




リースにしても洗車はご自身で大切にしても大丈夫ですよ^^

しかも大切に扱ったほうが、車もよく動いてくれる気がします。





posted by カズ at 14:55 | マイカーリースとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

オートリースの審査ってなに?

オートリースは金融商品です。

先にリース会社が一括で自動車を購入、税金を代納して

それを月々のリース料で貸してくれるシステムです。



なので、オートリースの申し込み時に

契約者がリース期間中の支払い能力があるかをチェックします。


金融機関におつとめの方はどんなことをするかはご存知の通り。

会社であれば、売り上げや業績、従業員数、創業年数などなど。

新しい会社だといろいろと条件が付くことが多いです。



連帯保証人が付く場合は代表者の資産等を調べたりします。

ブラックリストに載っていいる場合もバレてしまうので

その時は契約は難しいでしょう。




銀行でも貸し渋りが始まるように、景気が悪くなると

リース会社での審査も厳しくなるので、今は厳しいですね。



10年ほど前も景気が悪かったときの審査ことを思い出しました。

僕は芸能人の経営する事務所と高級車のリース契約をしたことがあります。

その時、与信を行う部署より

「芸能人は浮き沈みがあり支払い能力が不確かなのでNG」

と、なりました・・・・。

事務所へいき、丁重にあやまって事情を説明して帰りました。

しかし、その芸能人は、その自動車メーカーのCMにも出ていた人で

社に戻るとメーカーのお偉いさんよりリース会社に電話が入っており

渋る部長に引き下がらないメーカーの押しに負けて強引に契約OKになりました。



支払いは5年間、ちゃんとしていただけました。

今でもその芸能人は売れています♪






posted by カズ at 23:13 | Comment(0) | マイカーリースとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。